熊本~益城 地震 2016.4.17~19

*いえのなかにいる*


実家の状況を確認しにいきました



家の近くの遮断機
2016-4-17 (1)
いつまでも降りないなーって対面の車も思ってたでしょうね
近くの駅から出発しようとしてすぐ地震発生だったので指示器だけ点いたままになっています



2016-4-17 (2)

2016-4-17 (3)

2016-4-19 (6)

余震が続き今片づけても無駄なムードでしたので
物をできるだけ寝かした状態のままにしておきました



2016-4-19 (1)
近くでは割れたアスファルトから水が噴き出ています

2016-4-19 (2)
日常の一コマのはずですが
地響きがするたびに条件反射的に身構えなければいけないのと
地域によって水が出ないストレスとの闘いです


宇城もたいがいですが上の区域と比べればまだマシな方だとしか言いようがないです



18日(月)から週明け、とりあえず住んでるところも大変だけど会社も大変だから出社された方も
多かったと思います。

午前7~8時
午後5時~7時 くらいまで

①通勤と帰宅、買い物
②物資輸送車
③同一県内からの水確保の為の移動車(生活用水すら確保できない区域もあるので自発的に出る区域へ)
④県外からの自主支援車
⑤野次馬

で宇城~八代間の国道3号と県道14号は渋滞してました
高速道が使えないのと県道338の橋が折れているのが要因です



⑤は火事場泥棒的な奴もいるのでしょう
④に関しては輸送ドライバー視点からも少し迷惑なようですが
物資は届いているはずなのに行き渡らない現状を考えると自発的に行動する方が多いのも
仕方ない事だと思います

すれ違う車5~10台に1台は県外ナンバーの普通車という感じです(県南部)




水≧ポリタンク>お茶>食糧 の順に無くなっていってます
コンビニなんかだと残っている物は酒類と炭酸ジュースとお菓子だけ


防災グッズは備えていたものの
いざ震災に見舞われると仕舞っていた戸棚から防災グッズが出せない!

などもあったそうです


-以下、所持しておいて助かったモノ-

2016-4-19 (4)
・ポリタンク(16L)

2016-4-19 (5)
・ランタン 


2016-4-19 (3)
・ステンカップ 

・コンロ&ガスカートリッジ

・ウェットティッシュ

・缶詰、ゼリー系飲料、カップ麺、レトルトご飯、カンパン、カロリーメイトなど

・バケツ&ロープ(いざとなれば川の水でトイレ水を代用できます)





余震も収まってきたし、ある程度物資も降ろしたし
さて帰ろうかってときに大きいのが来ました

2016-4-19-17-52地震

このあとにもう1回きて・・


2016-4-19 (8)
4/19夜

また南九州道が閉鎖されました

宇城~水俣間で下道2時間でした
宮崎から行き来してる方にはきついですね;

※4/20時点では南九州道と西回り道ともに通行できるみたいです


日本道路交通情報センター:JARTIC



被災者全員がテレビを見れる、スマホ&LINEがある、地域の放送が聞こえる
状況ではありません
どこで何を配っているよーなど、情報が入ったときには貰えない方も多いです
買いだしできる区域であってもいけない方もいます

できるだけ近所の人や特に高齢者の方への声掛けを行いましょう














スポンサーサイト
[ 2016/04/20 01:41 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whitebiz2007.blog77.fc2.com/tb.php/442-2c37daf6